読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Trac のインストールメモ 1

Trac 0.12 の公式ドキュメントを少し読んでから、過去のインストール手順を解説しているエントリを読み返すと何が必要なのか、徐々にわかってきた。

ディレクトリの準備
環境変数の設定
  • PYTHONPATH
  • PATH
  • LD_LIBRARY_PATH

Trac 公式サイト Subversion について の一部和訳

Subversion をビルドする
  • Subversion のソースのディレクトリに含まれている INSTALL ファイルを読むこと
  • SubversionApache 環境で動かすときは APR 、APR-utils を使うように設定すること。
  • バインディングをビルドするために ./subversion/bindings/swig/INSTALL のファイルを読むこと。SWIG のバージョンに要注意。1.3.28、1.3.29 は入れてはいけない。1.3.27 はちゃんと動くはず。(ただし、必ずではない。1.3.25 にしなければいけないという説もあり)
  • Subversion ソースの root で make swig-py する。make install-swig-py もする。(install と swig の間にハイフンあり)
  • (svn 、libsvn パッケージを含んでいる)svn-python フォルダを PYTHONPATH に設定する
    • (例) svn が /opt/subversion-1.4.4 にインストールされている場合
export PYTHONPATH=$PYTHONPATH:/opt/subversion-1.4.4/lib/svn-python`

(もう少し続きある)