読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ServersMan@VPS Debian 6.0 squeeze の設定 (2)

Debian log

続きです。

locale の変更
$ sudo dpkg-reconfigure locales
sudo: unable to resolve host dti-vps-srv739
[sudo] password for USERNAME: 

画面が変わるので C-n, C-p でスクロールして ja_JP.UTF-8 を Space で選択、Tab で OK にカーソルをあわせて Space, もう一度確認されるのでふたたび OK を押す。

Generating locales (this might take a while)...
  ja_JP.UTF-8... done
Generation complete.

というメッセージが表示されて無事完了した模様。

あ、locale は複数選択してデフォルトのものを選ぶ、という流れだったのですね。なるほど。

sources.list の編集
$ sudo vim /etc/apt/sources.list

こちらを見ながら

deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ squeeze main contrib non-free
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ squeeze-updates main contrib
deb http://ftp.jp.debian.org/debian-backports/ squeeze-backports main contrib non-free

と設定。

パッケージの更新
sudo apt-get update
Apache の実行ユーザーを変更する

デフォルトでは daemon となっているものを www-data というものに変更するといいらしい。

# These need to be set in /etc/apache2/envvars
#User ${APACHE_RUN_USER}
#Group ${APACHE_RUN_GROUP}
User daemon  # -> www-data にする
Group daemon # -> www-data にする

Apache を再起動する

$ sudo /etc/init.d/apache2 restart
ちなみに、vi で検索
/[文字列] 下方向に[文字列]を検索する
?[文字列] 上方向に[文字列]を検索する
n 下方向に次の検索結果にジャンプする
N 上方向に次の検索結果にジャンプする

ssh 暗号鍵、公開鍵の設定

これまで何度かチャレンジしてうまくできなかったので今回こそリベンジ。

鍵の作成
$ ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/USERNAME/.ssh/id_rsa): /home/USERNAME/id_rsa_vpslogin
パスフレーズを入力する
Enter passphrase (empty for no passphrase): 
Enter same passphrase again: 
Your identification has been saved in /home/USERNAME/id_rsa_vpslogin.
Your public key has been saved in /home/USERNAME/id_rsa_vpslogin.pub.
The key fingerprint is:
e9:b2:c3:28:0d:c3:e3:a5:2b:74:d0:37:3f:74:4d:f2 USERNAME@dti-vps-srv739
The key's randomart image is:
+--[ RSA 2048]----+
|                 |
|                 |
|                 |
|        ...      |
| . ..    V=      |
|. . B o.. E      |
|..  o %%..       |
|... = *O       |
|.. ..+.o         |
+-----------------+

↑ fingerprint, rondomart image って悪意のある第三者に知られたらまずいのかな?一応それぞれとも値をいじってみた。

鍵の作成 done.
$ ls
id_rsa_vpslogin  id_rsa_vpslogin.pub
ディレクトリ .ssh を作成、パーミッション設定、公開鍵を移動
$ mkdir .ssh
$ chmod 700 .ssh
$ mv id_rsa_vpslogin.pub .ssh/authorized_keys
$ ls -a .ssh
.  ..  authorized_keys
$ chmod 600 .ssh/authorized_keys 
秘密鍵をローカルに保存する
$ scp -P (ポート番号) USERNAME@(ホスト名):id_rsa_vpslogin ~/.ssh/
USERNAME@(ホスト名)'s password: 
id_rsa_vpslogin                              100% 1766     1.7KB/s   00:00

↑これはローカルから実行した

.ssh/config を設定する
$ touch ~/.ssh/config

ファイル config を作成して以下内容を入力して保存する

Host VPS
     HostName	(接続先ホスト名)
     Port	(ポート番号)
     IdentityFile	~/.ssh/id_rsa_vpslogin
     User		USERNAME

すると、

$ ssh VPS

とするだけで OK となる。(秘密鍵パスフレーズを聞かれるので入力する)
これはラクチンですな。