読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows インストール時にコマンドプロンプトから HDD 初期化する

memo

1.Win7インストールDVD起動でPC起動し、最初に現れる画面「インストールする言語」選択画面にて 「Shift」を押したまま「F10」を押します。
2.X:\Sources> と表示されたコマンド入力画面になります。 ※Win7インストール画面は裏で待機しています。
3.X:\Sources> diskpart と入力します。
4.DISKPART> と表示された状態になります。
5.DISKPART> list disk と入力します。接続されているHDDが disk 0 として表示されます。 ※この段階で disk 0 が表示されなければ、そのHDDが認識されないという異常なHDDであることになります。
6.DISKPART> select disk 0 と入力し、処理するHDD(disk 0)を指定します。
7.DISKPART> clean all と入力します。 HDDの全領域をクリアする処理が開始されます。 処理には時間がかかります。 途中の処理経過は表示されません。 たとえば100GBのHDDで30分程度はかかりますので処理完了まで待つしかありません。 終了すると「DiskPartはディスクを正常にクリーンな状態にしました」と表示されますので、決して途中でPC電源を切らないでください。 ※HDDそのものが異常で「clean all」処理にも異常に長時間かかる場合は途中で止めることになりますので「Ctrlと Altと Dell」キーを同時に押して終了させます。 この場合は、もはやHDDのクリーン化はムリですので、そのHDDは使えません。
8.処理が正常に終了するとHDDはクリーンになっています。
9.DISKPART> exit と入力し、DISKPART処理を終了させます。
10.X:\Sources> の表示になりますので X:\Sources> exit と入力してコマンド画面を終了させます。
11.終了させると上記「2」で待機していたWin7インストール画面が表示されますので、Win7インストールを継続して行ないます。
12.インストール方法は通常のインストールと同じです。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6019022.html

これって立ち上げたコマンドプロンプトから BIOS の更新とかもできるのかな。