読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6: 自分が躓くポイントを知る

可能な限り知るように、自覚するよう心がける。知らなければ事前に対処できない。躓いてから腹を立てたり落ち込んだりしていてもしょうがない。
知るためには自分自身に対する観察・モニタリングの精度を高めることと、それによって得た情報を言語化することの両方が必要なのではないか。