読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

13: たまには自分のことを認めてあげる

これも意識して行うようにしたいと最近思っていること。なぜかというと、誰かが「よくやっているよ」と言ってくれるのを待っていたらいつになるかわからないし、必要なタイミングに間に合うとも限らないから。一人暮らしで働いている人の場合はそうだと思う。
職場にてそういうフィードバックをもらえる仕組みが機能しているのであればそこまで心配はいらないかもしれない。しかし、例えば会社の仕事とは関係がない問題について粉骨砕身してがんばっていてもその点については会社の評価制度の対象ではないだろうから誰もポジティブなメッセージを投げかけてはくれない可能性がある。
一人の人間には複数の立場や役割が備わっており、会社・仕事はそのうちの一つではあるけれども当該人物の全てではない(場合が多いと思う)。結局自分がどの方向にどれだけのエネルギーを投じているのかは本人が一番よくわかっているであろう。ならばたまには、自分で自分のがんばりを認めて気持ちの安定を意識するくらいの自分に対する心配りがあってもいい。