読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

17: 会話のスタイルについて 1

会話をするというのは言葉で書くと単純な動作というか行動のように思えるが、実際はどういう目的を持って行うかによって様々なスタイルがある。
よく言われる例としては「女性は話を聞いてほしい、共感してほしいと思っている場合に、男性は解決策を提案したほうがいいかと思い考え、提案することによって、双方ともに微妙な感じになる」というものがある。
他愛もない話をしたいだけなのか、意見を戦わせる真剣な議論がしたいのか、お互いが求めるものが共通しているかを意識することも大切だと思う。