読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Trac 0.12 のインストールについて

memo Python Trac

Trac をインストールしようとしている。必要な手順について書かれたエントリはたくさんあるけれど、いかんせん Trac 本体のほかにも付随していろいろと入れる必要があるので、それらの対応バージョンなどをきちんと確認して進めたいところ。

やっぱり横着せずに公式のドキュメントを読まないと、ということで読み進めつつメモを取っていたけれど折角なので共有します。

TracInstall – The Trac Project

http://trac.edgewall.org/wiki/TracInstall

↑これを読んでいる。

  • 訳はかなり適当
  • 飛ばしている部分も多々ある(内容をすべて網羅しているわけではない)
  • 訳している本人の理解も(いまのところ)不十分
  • 間違っている箇所があったらご指摘ください


超(適当な)訳 : Trac 0.12 のインストールについて

Trac 0.12 のインストールに必要なモノ

  • Python 2.4 以上 3.0 未満
  • setuptools 0.6 以上
  • Genshi 0.6 以上
データベース

データベースは SQLite or PostgreSQL or MySQL を使う。
SQLite を使う場合、 Python 2.5, 2.6 なら必要なものは揃っている。
Python 2.4 を使い、PySqlite が必要な場合 Google Code のリンクからダウンロードできる。

SQLite をインストールする際に development headers が必要になるかもしれない。これがないとビルドするときに GCC 関係のエラーが発生する

$ apt-get install libsqlite3-dev

SQLite 2.x 系と PySqlite 1.1.x. 系はサポート外。
PySqlite は 2.5.5 以上、もしくは 2.5.1 以下を使う。2.5.2 - 2.5.4 はバグあり
PySqlite については下記リンクも参照すること

Subversion

Subversion は 1.5.x or 1.6.x 系、それと一致した Python bindings を使うこと
あと 1.2.4, 1.3.2 or 1.4.2 系も動く
何かあったら下記リンクを参照すること

pre-compile された SWIG bindings が下記リンクで配布されている

PySVN は使っちゃダメ。新しい ctype-style bindings もダメ。

Subversion 使うなら Trac と同じマシンに入れること。リモートリポジトリは現在サポートされていない。

Web サーバ

Trac 自体に Web サーバが含まれているので別途入れる必要はないかも。
下記リンクを参照のこと。

もしくは以下の環境でもいい。

他の Python パッケージ
注意

上記に書いている各バージョン番号をよく確認すること。

Trac をインストールする

easy_install を使う

Trac 0.12 を入れる場合

easy_install Trac==0.12
pip を使う

pip は easy_install の代わりに使えるもの。とても便利、かつ高速に Python のパッケージを入れられる。pip なら 5 分あれば Trac をインストールできる。
Trac を pip で /opt/user/trac に入れる場合

pip -E /opt/user/trac install trac psycopg2 

もしくは

pip -E /opt/user/trac install trac mysql-python 

pip は様々な依存関係を自動的に解決してくれる(例えば Genshi や Pygments など)

ソースからビルドする
上級者むけオプション

インストール先を変更する場合、インストール時のオプションを指定する場合は下記のヘルプなどを参照しよう。

easy_install --help
easy_install --prefix=/path/to/installdir

↑こうやってインストール先を指定したい、とか。
あと、Mac OS X にインストールする場合は

easy_install --prefix=/usr/local --install-dir=/Library/Python/2.5/site-packages

Mac OS X 10.6 に easy_install で http://svn.edgewall.org/repos/trac/trunk から入れる場合、デフォルトで /usr/local と /Library/Python/2.6/site-packages にインストールされる。これらはサードパーティPython アプリケーションをインストールする場合に Apple が推奨しているディレクトリ。